実際の体験談をご紹介

1000万円の借金苦から抜け出せました。(男性/30代)

男性/30代

私は普通の会社員だったのですが、社長が退職するということで会社を任される身になりました。

しばらくは今までの事業を続けていましたが、不景気のためか業績は徐々に赤字になっていきました。
新たな事業を起こすにも、そのような資金は残っていません。

そのため、銀行から数百万円ほどの融資を受け取ることにしたのです。

しかし、結局その事業も失敗し、会社は大きな負債を抱えて倒産してしまいました。。
残った借金は全て私が返済することになったのですが、個人で返すにはとても厳しい額です。

働きどころを見つけることもできず、負債は大きくなるばかりでした。

やっとの思いで就職し、いざ返済しようと思った頃にはなんと、借金が1000万円を超えていました
その膨大な金額を目にした時、このままで本当にマズい!と解決策を探し始めました。

すると、「債務整理」という言葉が目に付いたのです。

早速、借金相談カフェの無料相談サービスを利用して、借金に詳しい弁護士に相談してみますと、
「返済する意志があるなら、なんとか借金を返せるようになるかもしれない。」とのことでした。

そして、弁護士の方が借入先と交渉したところ、なんと借金が3年で返済できる金額まで減ったのです。

手続きをするだけで、こんなにも借金が減るのかと本当にビックリしました。。

また、自分に合った返済計画を立ててもらい、繰り上げ返済なども行って3年も経たない内に、
無事に借金を返済して借金苦から抜け出すことができました。

私と同じように借金苦で悩んでいる方は、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

人に相談しにくい借金苦!解決するための方法

借金というのは、他人に相談しにくい問題の一つでしょう。友人や同僚はもちろん、家族にも話しづらいですよね。

しかし、借金苦を放置していると、ますます負債は膨れ上がってしまうものです。
そして、滞納していると利息や延滞遅延料金などがかさみ、気づいたらとんでもない金額になってしまいます。

なので、そんな状況に陥る前に手を打つ必要があります。

こちらでは、借金苦を解決する方法について説明していきます。

借金と真正面から向き合うこと

借金苦に陥るには必ず理由があります。

病気やリストラということもあれば、贅沢やギャンブルということもあるかもしれません。
まず、その原因を明らかにするようにしてください。

原因をはっきりさせないことには、借金はますます膨れ上がる一方です。

借金苦から脱出するには、何が一番問題なのかをきちんと把握することから始めましょう。

支出を減らすか、収入を増やすか

借金苦の仕組みは単純で、収入に比べて支出が多いということです。

足りない支出分を借金で補っているために、借金が膨れ上がるという仕組みです。
これを解決するには支出を徹底的に削るか、あるいは収入を増やすかになります。

収入が増える見込みがないのであれば、家計を根本から見直す必要があるでしょう。

借金苦が引き起こす悪循環とは?

最初の借金においては大抵の人は罪悪感を抱きますが、借金に慣れてくるとその感覚が麻痺してくるものです。

その結果、借金をするということに抵抗がなくなり、ますます借金が膨れ上がるという悪循環が起こります。
その悪循環を断ち切ることが、借金苦から脱出する大きな鍵を握っています。

そのためにも借金の総額を一度書き出し、自分の状況を正しく把握するようにしましょう。

現実ときちんと向き合うことが、借金苦を解決するための第一歩です。

おまとめローンを利用する

借金苦に陥っている人は、多重債務者であるケースが多いです。

複数の金融業者から借り入れを行い、請求されるがままに支払いをしていることもあるでしょう。
また、返済先が複数あると、返済日をうっかり忘れてしまうというミスも起こります。

そういう場合は東京スター銀行などを利用して、一つにまとめてしまうことがおすすめです。

また、小口の借金というのは最大金利を課せられているものです。
しかし、一つにまとめて大口融資にすることで、低金利が採用されることがあります。

その結果、返済額が低くなる可能性が高いです。

借金苦を専門家に相談しよう

借金苦に陥っている時点で、すでに自らの力では解決できない段階にきています。

借金を返済せずに放置すればするほど、借金苦の状態は悪化の一途をたどるでしょう。
それを断ち切るには、第三者に相談することが重要です。

とはいっても、家族や友達には話しづらいですよね。

そういう場合は借金相談カフェなどを利用して、借金問題の専門家に相談してみましょう。
弁護士や司法書士といった人たちが借金問題を専門に扱っており、無料の相談サービスを実施しています。

専門家に相談してみることで、思っている以上に早く借金苦から抜け出せるかもしれません。

弁護士か?司法書士か?

借金問題の相談に乗ってくれるのは、弁護士や司法書士といった法律の専門家です。

ただし、弁護士や司法書士なら誰でもいいというわけではなく、
「借金問題の解決」や「債務整理」という文字を掲げている事務所を選ぶことが大切です。

そういう人たちは普段から借金問題を多く扱っており、債務整理の交渉もスムーズに進みます

逆に、借金問題に不慣れな人は時間がかかったり、理想通りの結果が出なかったりするので注意が必要です。
また、借金の総額によって、弁護士と司法書士とでは引き受けられる案件が異なります。

なので、まずは一度相談してみましょう。

任意整理とは?

借金問題を合法的に解決する方法が債務整理です。

債務整理にはいくつかの種類があり、その第一段階となるのが任意整理です。
任意整理では借金の内訳をすべて洗い出し、収支を確認します。

ここで、法定利息以上の利息を支払っていることが発覚するケースがあります。

これを過払い金と呼び、払い過ぎた利息分の返済請求をすることができます。
さらに、任意整理では利息や延滞遅延料金の免除及び、月々の返済額の減額などを債権者と交渉します。

借金の返済義務は残りますが、月々の返済額が減ることで借金苦が楽になるでしょう。

個人再生とは?

債務整理の一つである個人再生は、裁判所に申し立てをすることで大幅に借金が減額される方法です。

債務総額の最大10分の1まで減額されるので、たとえば5000万円の借金が500万円になるケースもあります。
その結果、返済の目途が立つことが多いです。

なお、個人再生をするには安定収入があることが前提で、返済期間も最長5年以内となっています。

また、個人再生は自己破産と異なり、マイホームや自家用車などの資産を没収されません。
それまで通りの生活を続けられるのが魅力です。

自己破産とは?

借金苦から完全に開放される方法が自己破産です。

自己破産というのは、裁判所から免責許可決定を得ることで、すべての借金の返済義務がなくなる方法です。
その際、不動産や自家用車、証券などの資産は没収されて競売にかけられ、債権者に分配されることになります。

ですので、失業中などで返済能力がない場合は、自己破産をして人生を立て直すという方法もあります。

ただし、借金の原因が浪費やギャンブルの場合は、免責許可が下りないケースもありますので注意が必要です。

家計を見直し、予算の範囲内で生活する努力を

借金苦から抜け出せても、以前と変わらない生活を続けていては、いずれ同じことが起きる可能性が高いです。

再び借金苦に陥らないためにも、家計の根本から見直すことが大切です。
収入に見合った生活をするように心がけることで、借金と無縁の生活を送れるようになるでしょう。

借金苦から脱出して、人生をやり直そう!

借金苦に陥ると悲観的な考え方になり、現実逃避したくなることもあるでしょう。

しかし、放っておいても借金が消えるわけではありません。
状況の悪化を食い止めるためにも、一刻も早く手を打つことが大切です。

借金相談カフェのように、借金の相談を無料で請け負っているところもありますので、
一人で抱え込まずに早めに相談してみることをおすすめします。

アンケート調査をしてみました

借金をしたことで最も辛かったのは▲▲!借入額が増える前に知っておきたい現実

どうしても欲しい商品がある、あるいは今月の生活費が足りなくてピンチという場合、
給料日まで待てない人はキャッシングを利用することがありますよね。

ただ、無計画にお金を借りると大変なことが起きる可能性があります。

そこで今回、債務整理で弁護士に相談したことがある人を対象に、
「借金をして最も辛かったことは?」というアンケートを実施しました。

借金があると、大変な思いをすることがいっぱいあります。

アンケートの意見を参考に、借入額が増えるとどのような辛いことがあるか現実を知っておきましょう。

借金がキッカケで体験した、最も辛かったことは何ですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:常に頭の隅にある不安・・・39%
  • 2位:催促の郵便物・電話・・・25%
  • 3位:お金の不安・・・20%
  • 4位:周りとの関係の変化・・・14%
  • 5位:その他・・・2%

1位:常に頭の隅にある不安

  • 何をしていても借金のことが頭の隅にがあり、不安で押しつぶされそうになる。(福岡県・37歳・女性)
  • 常に返済額が頭にあり、そのことが原因で悪いことばかり考えるようになり、気持ち的にも不安です。(鹿児島県・32歳・男性)
  • 毎日の生活でいっぱいなのに、本当に返済できるのかという不安と戦っていました。
    夜も眠れないことが多かったです。(岐阜県・43歳・女性)
  • 元本に加えて利子まで返済しなければならないのはつらい。利子が結構痛い。 (東京都・44歳・男性)
  • 借金のことを家族に内緒にしていたのでバレたらどうしようか、どう説明しようかとそんなことが頭の中で浮かび、
    家族に話し掛けられる度にビクビクしていました。(神奈川県・35歳・男性)

何をしていても、借金のことが頭の中から離れない。そんな声が多かったです。

借りたお金には利子が付くので日が経過するたびに借金額が膨れあがる、
本当に全額返せるのか分からないなどの不安が常につきまとってきます。

また、家族に内緒で借金をしてしまうと、家でリラックスして過ごすことができなくなってしまうものです。

2位:催促の郵便物・電話

  • 毎日のように電話があり、郵便受けにも督促状がくるので参りました。
    最後の方は脅迫電話にような状態になったので、身の危険を感じたこともありました。(三重県・36歳・女性)
  • 少し期限を過ぎるだけで、とめどなく電話を鳴らしてくるのは精神的にきついですね。(兵庫県・47歳・男性)
  • 電話がなるとドキっとして、精神的に不安定になりました。(茨城県・50歳・男性)

キャッシング会社などでお金を借りると、返済の通知が郵便物あるいは電話で伝えられます。

返済日までにお金を入金しなければ、催促の電話が頻繁にかかってくるのです。
あまりにも度が過ぎると脅迫電話のような状態になり、精神的にきつい状態になります。

最悪、電話の呼び出し音が鳴るだけで恐怖を感じるようになり、落ち着いて生活を送ることができません。

3位:お金の不安

  • 借金を返すために借金をしなければならない悪循環が辛かった。(青森県・46歳・男性)
  • 給料をもらっても、借金の返済で全て消えてしまう。(福岡県・29歳・女性)
  • 生きるには食べる必要があり、それを買うだけのお金がなければいけません。
    そのお金が不足がちになったのが一番きつかったです。(群馬県・39歳・男性)

そもそもキャッシング会社でお金を借りるのは、生活に必要なお金の不足分を補うためです。

そのため給料を支払われても、全て借金の返済で消えてしまいます。

そして、必要最低限の生活を送るうえで食べ物、衣類、住むところなどの費用は確保しなければいけないので、
足りないお金をまた借りるという悪循環に陥ってしまうのです。

最後のまとめ

借金を抱えていると、精神的な負担がとてつもなくかかることがよく分かりました。

何をしていても借金のことが頭の隅から消えない、または心の底から安心できる時間がないというのはとても辛いです。
返済日までお金を返せなければ、催促の電話がかかってきます。

家にいても頻繁に電話が鳴っていては、安心して過ごせません。

生活費が足りなくてお金を借りているのに、またキャッシングを利用するという悪循環に陥ってしまいがちです。
例え、給料を貰っても返済で消えてしまうので、根本的に問題が解決しないのです。

このような辛さが、借金があると常に悩まされることになります。

そんな不安を抱えた生活を送りたくないのであれば、借金相談カフェの無料相談サービスを利用して、弁護士に相談してみましょう。